サンコースト

サンコースト

ビチレブ島の北岸(と西岸の一部)一帯のコーストラインは、サンコースト呼ばれ、その名の通り、降り注ぐ日光、ブルーに輝く空、そして勇壮な景観を誇る緑の山嶺が魅力です。
碁盤の目のように、どこまでも広がるサトウキビ畑、現地人が生活する楽園の村、趣のある市場、まるで永遠の夏にまぎれ込んでしまったかと錯覚させるようなサンコーストでのホリデイ。サンコースト周辺は、サトウキビの主要生産地帯です。フィジー2番目の大都市ラトウカは、この国最大の製糖プラントを擁し、製糖産業を基盤とする街です。

宿泊施設

サンコーストのほとんどの宿泊施設は、美しいシーサイド周辺に集まっています。ナンディからほんの20分のビューダには、都会の喧騒を忘れてリラッックスできる落ち着いたリゾートがあり、ママヌザ諸島やヤサワ諸島への島巡りツアーにも日帰りで行けるほどの距離です。

ビチレブ島最北端に位置するラ半島や、その沿岸にあるナナヌイラ島、ドルフィン島では、いくつかの宿泊施設を利用することができます。爽やかな海風が心地よい、楽園情緒にあふれるトロピカルなビーチに沈むサンセット。フィジーでも必見スポットのひとつです。

サンコースト の宿泊施設をすべて表示
  • Sun Coast accommodation

アクティビティ

コーストラインの素晴らしさもさることながら、コロヤニトゥ国立遺産公園の雄大な山並み、今でも昔ながらの伝統的なブレがあり、絵画のように美しいナバラ村など、サンコーストはフィジーの伝統的で素朴な情緒を満喫できるスポットです。

シーカヤックやパドルボードでラ半島を海上散歩、さらには世界屈指の美しさを誇るサンゴ礁で、ウィンドサーフィンや豪快なゲームフィッシングにチャレンジ。

サンコースト のアクティビティをすべて表示
  • Experience the Sun Coast

サンコーストへのアクセス

果てしなく続くこのゴージャスなコーストラインを満喫するには、自分でハンドルを握るのが一番です。ナンディ国際空港でレンタカーを借りる場合は、有効な運転免許の提示が必要となります。または、ほとんどのリゾートが空港送迎サービスを行っていますので、それを利用するのも便利です。

サンコースト の交通手段

サンコーストのレストラン

サンコーストの各リゾートにも素晴らしいレストランが多くありますが、ラウトカの街にもおすすめのカフェ、ビストロ、世界中のエスニック料理が所狭しと軒を並べています。沈む夕日を眺めながらカクテルグラスを傾けるなら、ビューダポイントのマリーナがおすすめで、レストランやナイトクラブも充実しています。

他のシーサイドの小さな街では、利用できるレストランやバーが限定されるものの、現地の新鮮な特産物やスナックが売られている公営の市場を利用するのも旅の醍醐味です。

サンコースト のレストラン